レーザー脱毛のデメリット

施術の度に痛みがあるため途中でやめてしまう人もいる

レーザーを使用した全身脱毛の施術は、個人差がありますが施術の度に少なからず痛みがあるため、途中で通院を続けるのを躊躇してしまう人も少なくありません。また、人によっては術後に皮膚の赤みが目立ったり、肌が熱を帯びたりするなどトラブルに繋がることもあります。そうした問題を防ぐには、一人ひとりの患者の肌質に応じて二つ以上のレーザー脱毛器を上手く使い分けてくれるところや、腕の良い医療スタッフが施術をしてくれるところを通院先に選ぶことがおすすめです。また、術後に肌トラブルが起こった場合に備えて、契約料金が少し高くなることがありますが、いざという時の充実した補償サービスがあるクリニックを選ぶのも良いでしょう。

エステと比べて毎月の施術料金が高くなりやすい

レーザー脱毛は、エステの光脱毛と比べて毎月の施術料金が高くなりやすく、特に女子大生や専門学生など若い女性は、経済的な負担を理由として施術を諦めてしまうことがあります。また、VIOラインまで綺麗に脱毛をしたい場合には、一年以上にわたる通院が必要となることもあるため、施術を受ける際にはスケジュール調整を慎重に行うことが大切です。クリニックによっては、若い女性が安心してレーザー脱毛の施術を受けられるよう、基本料金をリーズナブルに設定したり、定額制のコースを創設したりするところもあります。また、術後のアフターケアを無料で対応しているクリニックにおいては、肌に自信が無い人も不安なく通院を始めることが可能です。